読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOSのコンテンツブロック機能については広告ブロック機能じゃないよね

嘘でないまとまっている情報があったのでここに引用させていただきます。

iOS 9 自体がブロック機能を持つわけではない
リリース直後に誤解されていたことが多かったのですが、iOS 9 にアップデートすれば広告がいきなりブロックされるようになるという訳ではありません。今回作ってみたような、サードパーティ製の広告ブロックアプリをインストールすることによって広告はブロックされます。
AppleiOS 9 で行ったことは、そうした「ブロックアプリを開発するための仕組みをアプリ開発者に提供した」ということです。
ブロックする対象は広告に限ったものでもありません。トラッキングスクリプトなど、任意のリソース読み込みをブロックすることが可能です。iOS 9 広告ブロック機能 — 実例と解説 — Japanese Official — Medium

他、以下はこれから自己の体験をもとに一般化しするような嘘をつきます。嘘ですので気をつけてください。


iOSのコンテンツブロック機能について思うのだけど、皆嘘つくのが好きだなあと思います。嘘ついてないのはビジネスに関わらないエンジニアだけです。嘘ついているエンジニアはダメなそこらへんでクソ仕事を拾いに行くことに全ての人生をかけているようなフリーランスの意識高い風味結局お金が欲しいニャーンたちです。どちらかというと僕も才能がないので素敵なエンジニアとして清廉潔白聖人君子エンジニアのような俯瞰した上手な切り口が出せるわけではないので結局炎上する快感が心がすっかり癖付いてしまって快感だあアハーンとなっておる人たちとそんなに差異はないのです。

それはさておきコンテンツブロッコリーの話ですがコンテンツブロッコリーは、コンテンツのブロッコリーです。すなわちコンテンツのブロックです。広告コンテンツのブロックではありません。

広告をブロックをしているのはブロックするドメインやURLの一覧を管理しているアプリです。
ですので作ろうと思ったら、youtubeだけをブロックするブロックアプリも作れます。

よって「iOSで広告ブロック機能が搭載された!AppleGoogleと対決するつもりだ。」とか言ってる奴らはだいたい陰謀論大好き橋下さんはフリーメ○ソンからやってきたとかえーベーはひとらぁの再来とか余裕こいていうアホの括りに大概のひとが入ると思います。だいたいが泡まつSEO対策会社さんです。

広告の死はメディアの死だとか大それた主題に乗せて警告してるようなふりして炎上してお金を稼ごうとしている奴らは私は嫌いです。それはだいたいが泡まつSEO対策会社さんだからです。あと余裕こいて騙されてる奴らもダメだと思うのでインターネットは馬鹿と暇人のものとかなんとか言った中川なんちゃらさんの本読んでないですけどタイトル通りで楽しいですね。だから僕はインターネットでネッチョリするのが大好きです。

ところでアップルが広告ブロックじゃないコンテンツブロック機能をなんで搭載しようとしたのかを勝手に想像してまた嘘をつこうと思います。
コンテンツブロック機能はこれはコンテンツで有害なものをフィルターアウトするためのものでしょう。有害なものとは、例えばセキュリティー対策や青少年向けの有害もの、悪意のあるスパムサイトや、これは広告になりますが、クソ広告で変なウイルスだったり、個人情報を抜くためのサイトに誘導することばかりしているアドネットワークだったりです。アダルトが嫌いなひとに向けてアダルト広告だけブロックする機能も提供できたりするでしょう。

なので非常にユーザー向けの機能だと思っています。にもかかわらず、アホが広告ブロックっていう単語に踊らされて本筋ではないところでさらに自分自身の首を絞めるような発言ばかりするんです。アホですね。メディアが自分で機能を誤解して広告ブロック怖いとかいうとかまじアホの極み。


なのでお前らはくれぐれもメディアに騙されないように。
メディアがすることはこういう悪質な広告に特化したブロック機能を作ろうとする輩を危ない奴らとしてキャンペーンしることであってアップルを責めることではないでしょうに。


あと、ブラウザがMicrosoftIE独占状態から解放された頃、IEが死んでFirefoxとかモジラとかオペラとかが息してた頃はプラグイン機能として広告ブロックというかコンテンツブロックはもりもり普通にありふれた機能として搭載されてたのよ。

オペラのコンテンツブロック

それをね。iOSでは全く提供されてなかったわけですよ。まあiOSのプラットフォームをプラガブルにするとかないと思うんだけどまあアプリでSafariを制御させちゃうとか怖かったんだと思うのね。アップルは。まいいや。ということで普通のPCのブラウザにある機能がアプリ経由で操作できるようになる機能を提供したのが、iOSのコンテンツブロック機能だと思いまーす。

というわけでまた嘘ついたのでそこんとこよろしくお願いします。