アップルのソフトウェア製品は本気で使おうとするとストレスが溜まる

アップルのソフトウェア製品は本気で使おうとするとストレスが溜まる。iCloud Music Driveは購入したものだけしか同期しないし Apple Musicはオフラインで視聴可能にしておいても翌日になってみれば何事もなかったかのようにダウンロードしたアーティスト名さえも綺麗さっぱり忘れ去られている。My Musicに追加というボタンを押して追加されましたと表示されるとその数秒後に追加可能なボタンに戻る何だこれは誰がどういう条件で追加できたりできなかったりしているのか?まあだいたいわかったけど。そう。その用にだいたいわかって確実にダウンロードしておきたい場合はちゃんとiTunes経由で一曲だけ購入してダウンロードしておく。そうするとそのアルバム全部が聞きたいときはコンプリートアルバムを表示して表示されたらそれぞれの曲をオフラインで再生可能にして回るとだいたいちゃんと表示されるようになる。でも一方でまだマイミュージックには入っていないのでプレイリストに入れたりすることができないそんでマイリストに入れるためには一旦PCと同期するのが近道のような気がしてる。だいたいね。だいたいだよ。まあ少々聞き逃したって押す勧めでまた出すからさっ気軽にいなよって作者アップル本人がいうんじゃねーよと同期ぐらいなんか理由出せよな…。追加するときこれはMyMusicにはいってないから飛ばされたとかさ。ね。でもどっちにしろ大量のデータを扱うことになるので自分がやっちまったのかアップルがやっちまったのか日待ったのかはわからないで曖昧のままだったりするんだよね。すなわち真面目にアップル製品を使おうとするとこうなっておるはずっていう期待が外れたときの酷い目にあうのでだいたいこんな感じになってるはずだからだいたいでやりますって思っておかないとなー。また意味ない記事書いたわ。