読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丁寧な暮らしを否定する奴らが丁寧な暮らしをできている確率

そんなことは知りません。

定期的にスニーカーを洗って綺麗に履いている人たちの素晴らしさ。私なんてお金に困っているけど、どうしても汚い靴履くのは悲しくて悲しくて泣いちゃうって時だけスニーカーを洗います。
丁寧な暮らしを否定する奴らは丁寧な暮らしができてるかって言うと出来てないと思うんだけど、丁寧なんて、ローソンを修飾しているナチュラルみたいなもので、ブランディングのためであるっていうことだけは理解して、「丁寧な」って言っててほしいなって思う。
自分の行動の規範がどんなものなのかを一言で表現したくて、説明するべき自分の行動の規範に一つの固有名詞を与える方が説明がしやすかった場合、それを「丁寧な暮らし」という言葉で呼ぶとなると違和感が現れると思っている人たちが、この言葉を否定して回る。概念を語るときに何かを想起させる単語を混ぜて概念を定義するのはブランディングとして非常に素晴らしい表現方法だとは思うのだけれども、糸井重里が言っていることは全て素晴らしいとか言い始めるような人たちが、ノーヌークスとかノーウェイブとかノー・ニューヨークをごちゃまぜにすることを思いついたのかもね!テヘヘヘっ!!

すなわちコピーライターという仕事の胡散臭さにクリエイティブを絡めると意味が読みにくいカタカナで一度概念を指し示すということは、非常に効率的だったのかもしれない。だけれど結局のところ代数のように代わりにおいておくもののままでは、誰も特別な事象かつ自分が取り上げるべき事象としては拾ってくれる事は無く、ましてやGoogleアナルスティックはあなたのことを認識してくれはしない。
でね、なんていうか肯定したいところと否定したいところが同時にあるのはアンビバレンスって言うらしいんだけど嘘です。
自分の日々の幸せのために工夫して暮らすのは、使い捨ての暮らしよりは、何かを壊さないようにしているけれども、破壊だけが悪者かと言われると想像も悪者です。フリーライティングって言う言葉を知ってからこれはフリーライティングなのでネタを集めているだけですという名のもとに駄文生成ツールとして日々生きていて、あなた達は生け贄。ということでいつものことですがdisっていません。洗いにくいニューバランスよりは、たわしでお風呂場で洗えるコンバースジャックパーセルが流行っている時のほうが好きでした。だって安いし。安いしさ、キャンバス地でいろんな色すぐ作れるしさ。エービーシー・マートが大好きですよねいろんな記事のVANSつくるの。エービーシー・マートで買おうがユナイテッド・アローズで買おうが同じ形なんだもんね。みんなに優しい。でもABCマートブラック企業大賞ノミネートされました。いっぽうABCマートユナイテッド・アローズTOBしようとしたんですね。怖いですねファッション業界に忍び寄るアレ。何年前の話だっけかな。数年前だからまだ新しい話題ってことでいい?おっさんもう年をとる毎に遠くの記憶が近くに感じちゃうわー。困るわー。
ああ、そういえば、ファッション業界に忍び寄るなんちゃら系資本の恐怖みたいなのの記事見たやつどっかにまとめとこうと思ってたんでしたが忘れてました。早く全てをinboxに出したいですね。ノームコアノームコア。

でもねコピーライター胡散臭いとか言うじゃん?まあコピーライターの仕事ってコピーライティングだけしてるわけじゃないのに専門職みたいな「er」つけた奴は誰だ俺らのこと騙しやがって村上龍に言いつけちゃうぞ〜〜〜〜。ブラック企業大賞ノミネートされても村上龍江川達也小飼弾の区別がつかなくても大丈夫!