母はマルチに騙されていたのか騙されていなかったのか

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ちょっと前に、親がくも膜下出血で入院した時に保険に入ってるか調べてたら、マルチっぽい企業の共済に入っていたことが判明したってブログ書いたような気がするんだけど、Twitterだったかな?その話を書きます。

その共済は「かもめ共済」と言う名前で、「モジコ」って言うサービスに参加している人がセットで入らされていた無認可共済だった。

「モジコ」っていうのはどんなサービスかって言うと、40万円くらいするFAX付き電話機を買うと、それを持ってる人たちの間で、FAXがやりとりできるようになってて、売り物を持ってる人は、そこにFAXを送ると、受信者が注文票をまたFAXで返してくるっていう、小さな商圏ができてるビジネス。

一時期、父親が「モジコで宣伝流したらFAXで注文が来るけん、それの住所宛てにみかん送ったら売れるんよ。」って言ってて、なんのはなしじゃそれって放置してたんだけどマルチだったんだね。

話をよくきいていると、実家の周りの地区の総代表みたいな人がいて、その人から電話機買って宣伝したら優良顧客しかおらんから物が売れて儲かるでって話を聞いて買ったって。ww

母は「でもその人、すっごいええ人で話もちゃんとしとったしね…。共済のところに電話したけどちゃんと返事してくれたよ。」 とかいってて、 でも、マルチだよって話をしたら、 「ほら、やっぱりお父さんアレ騙されとるんじゃないかって私言うたやんか!」 とか喧嘩初めてクソワロタww

結局、みかん売れたので40万円くらいは元取れたんだろうけど、最終的にどういう収支だったか計算してないはずw。

だけど、今、うちの親がインターネットで楽天市場に毎月3万円とか出店料払って、みかん売れるかと言われたら、絶対売れない気がするし、店が飽和してない時期の楽天だったとしてもできなかっただろうから、それに比べたら意外とサイクルが回る、優秀なビジネスモデルだったのかもしれないとか思ってる。

まだ会社のサイト残ってるけど、完全にマルチの様相を呈してるわwwww 株式会社ユーワールド 公式ホームページ/ユーワールドとは?

電話機のシステムを運営してた部門は、いまは、普通にシステム系の会社になっているみたいで、業務内容に「ASPによるECサイト、SNSサイトの構築・運用支援。」って書いてあった。

アドバンスコミュニケーションズ株式会社の会社概要 一般第二種電気通信事業者、ASP事業、IT総合商社

すなわち「小さなコミュニティ内でお金が回る仕組み」っていうビジネスプランを夢をそして夢をずっと追い求めているようで、その夢を追い求めて一つのことを突き詰めていこうとする非常に真摯な姿は聴衆の涙を誘い、そして私も涙を流し枕を濡らすのでありました。

なんか電子決済っぽい、チャージ型の決済代行もやってたらしいよ。Cube決済だとか言う名前だったらしい。

めっちゃ先進なんじゃねーの?ww

本体のユーワールドってところは、まだ定期的に刊行物も出しているみたいで、それが実家にあったのを読んだら、同じくコミュニティを作ってその中で色々やろうとしてた感じだった。旅行とか研修に一緒に行ってる写真みたいなのが乗ってた(笑)笑っちゃいけない。なんか農業とかそういうのにも絡んでて、新興宗教とマルチ商法は紙一重ですなっておもいました。ヤマギシ会とかに似たものも感じた。

agora-web.jp

かもめ共済の話一切忘れてたけど、かもめ共済って言うのは、そのモジコに参画している人用の共済保険だった。実はそれは事業譲渡され続けていながらもちゃんと続いていて、母が病気になった2012年に保険金の請求したらちゃんと保険金がおりた。これは人々がだまされないように国が無認可共済ってのを取り締まったからだと思われるんだが。国!仕事してんじゃん国!っておもった。

www.hoken-erabi.net

この共済が、そのまま破綻して逃げるっていうのとかしなかったのは、運営がそういうのに鈍かったからなのか、それとも良心的だったからなのか…。

ここの変遷を調べた。 結局「かもめ共済」は、母体が「Uワールド」に変わったと同じく名前を変えて「U共済会」になって、そこのあと、共済契約を「ミニンシュラー」へ包括移転して、少額短期保険業者になって、このあと、「ミニンシュラー」は、がんの免疫細胞療法をやってる創薬ベンチャー「テラ」 ってところに買収されて、テラ少額短期保険株式会社って名前を変えて存続してる。(母がお金もらったのは、時期的に「ミニンシュラー」だったかな。)先進医療保険を提供してるんだよ。すごいよねww想像つかないわ。マルチが先進医療に変身した。

がんの免疫療法ってまだ厚生労働省の認可が取れていない先進医療の治療法で一応、先進医療に認定されているから、医療保険の先進医療特約のとかになってる。この辺難しい話だからなんとも言えないけど、なんか企業っていうのはちゃんと揺りかごから墓場まで、ビジネスでどこがお金になるか考えて動いているのだなって感心させられる次第です。

日本経済新聞

先進医療の各技術の概要 第2項先進医療【先進医療A】(62種類)

おまけ、調べてると色々検索に残ってて面白いんだけど、「U共済会」は「不当な解雇(リストラ)」で裁判になってたりもしたみたいw kaiko-kaiko.seesaa.net

あーあー。

こういう業界専門知識とか欲しいなっておもいます。調べるのが仕事だったらいいんだろうけど調べ方もよくわからないね。ググるだけしかわからない。