ADHD プログラマの私がやっと見つけた自分が「達成しやすいこと」

あーつらい。

この記事を読んだ。

simplearchitect.hatenablog.com

自分は、この人とは特性がすこし違っているのか、性格的なものなのか、他人の前でどうのこうのみたいなのは苦手で、ウチにウチに入ってくタイプで、他の人になにかしてもらうってのは嫌いではないけども、してもらった見返りのことを考えると死にたくなってくる。みたいな性格ですのよ。 ってことだけど、いろいろ被ることもあったから、ブログ書きたくなった。

あっすいません、タイトルをすぐに忘れてしまい達成しやすいことについての言及などこのブログ記事にはないぞ。

ツイッターに、「ADHDカプセル化が上手」とか端折ったことを書いたが、説明し直すと、小さい問題解決が目の前に出てきたときは、それを解決できるのに興奮するので、過集中が起こって楽しくなってくるので、上手にカプセル化できるって話。後自分が忘れることはわかってるから忘れないように、きれいに章立てをまとめ始める。

だから、短いタスクにすればそれでいいのかというとまたすこし違う。

ちょっとした短いタスクだが、困った問題や自分自身に引っ掛かりあるものは、ぐるぐるして、本流の作業に帰ってこれないことが、ママある。だから本当は、短い期限が決まったタスクは嫌い。

すぐ終わりそうって思えて、すぐ終えられるであろうタスクを大量にこなすのは大好きってことだとおもう。

期間が長いタスクはバッファがあるから、まだいい。関連することならば最優先じゃないことで気が散っても最終的には有益な情報として利用できるからだ。

ADHDは一般的には後回し癖があるとのことで、長いタスクで締切があるものは向かないっていうんだけど、流石に仕事での場合は、毎日働かざるを得ないので、夏休みの宿題状態にはならず、ある程度うまいことやれる。

長いタスクをやっているときに、不利だなと思うのは、 「すこしずつの遠回り+積み上げ」をやっていけばいいのに、 最終的に一個の仕上がりがイメージできるまで、作業をなかなか開始せず。遠回りしないで、いっぺんに作ろうとするところだ。 もちろんいっぺんに作ることなどできないので、全体のフローが頭の中で固まるまでは、作業が開始できない。 記憶力があまりないので、全体のフローを頭の中に収め続けなければいけないのはすんごい苦痛を伴う。 だからアウトプット作業が開始できない期間の間の悶々は相当やばい。 体が固まって、方も凝りまくり。姿勢を正そうとしても秒速3mmくらいしか動けないような感覚。

便秘を放り出すようなメチャメチャな踏ん張りをして、最後の最後に、一歩踏み出せたときの開放感はまじでCHILL。安堵する。

この身体感覚、だれか共有できる人いないかな。

何事も完遂できない、最後までできないのは、本当にそのとおりで、 昔からなにかのゲイ向けのウェブアプリをローンチしたい思っていて、途中まで実装して、まあある程度まで動くところまでは作り終わりながらも、最後のツメが甘いので、リリースまでは至らなかった過去が何度もある。

いいところまで行っているはずなんだが、だいたいが

  • 成功体験の少なさからの失敗を恐れること
  • 完璧主義的なところ
  • 独創が偉いという変なこだわりにいうこと聞かされすぎ

ってところに引っかかりが出て、

  • 後回しグセ

が続いて、

  • 忘れる(これはADHDのせいではなさそう?)
  • なんかどうでも良くなる

というパターンに入り、お蔵入りしてしまう。

それはさておき、得意なことを書いてみると。

直ぐに結果が見えないことに対して興味を失うので、地道に基礎的なところからみっちり覚えていくというのは全く無理なのだが、あまり良く知らないことを、それなりに正しい方向に導くというのだけは得意だ。

一つの問題を解決するためだけにいろんなことを調べてきて、統合してドーンみたいなのは得意。

これは、「一つの問題を解決するためだけにいろんなことを調べてきて」の部分がADHD的な特性にうまくマッチしているからだと思う。

だから、新しい勉強っていうのには本当に手が付かないし、辛い。 小中高と、すぐに何かが終わって、次の勉強をしなければいけないっていうのが苦痛で、こんなに頑張って新しいところを乗り越えても乗り越えてもまた新しいことが、、、、、。 って鬱々としてた。 まあ、だんだん高校の最後の方くらいになったら諦めて、感情をなるべく抑えて、それほど辛くないくらいという苦痛のバランスを取りながらなんとかするってのを覚えられた。

ああ、得意なことを書くとか言いながら、また苦痛の日々のことを思い出してしまった。

なんとなく終わり。 続きは何かあったら書くかもね。明日忘れるけどな。

そして相変わらずの推敲ゼロマン。

ブタの思い出

パン・オ・ショコラは何故かチョコレートが2本ぶち刺されて制作されることが多いようで、豚の鼻以外の何物にも見えず、あまりにも可愛らしすぎて、屠殺され陳列されているの現場を撮影しないでは居られなかったのです。

しかし、アンデルセンのメニューからパン・オ・ショコラは、消えてしまいました。R.I.P. ブタ

ブタがいないと言われるので、ブタの思い出の印を貼っておきます。

やっぱり整形された生地、こんな感じがスタンダードっぽい。

f:id:gnufrfr:20180520171116j:plain

それなりにそれなりな会社員になりたいけど、わたしがストレス無く会社員として働き続ける秘訣とは??

残念ながら秘訣などはこのブログにはでてきません。 さらにすみませんが、2年くらい前に会社員をやめてフリーランスという名の名目上は派遣労働者のようなエンジニアなうです。

ストレスの少ない生活をすると、生活が無理なく回る。 ストレスの少ない生活とは、どうしても外したくないことは満たされてることと同義だと思う。 理想の社会人としての生活は、どんなだと考えると、ありふれた感じで普通にこんな感じ。

  • よく眠る
  • 早起きする
  • ゆっくり支度しても遅刻しないで出勤できる
  • 仕事は遅くはない
  • ジムに行く
  • 夕食は自宅で食べる
  • 早くねる

あら素敵な生活〜?できるの〜?

そこで、朝から夜までの自分の要望と、自分の苦手なことの特性を現実的な感じで列挙してみると。こんな感じ。

  • 睡眠はめっちゃとりたい
  • 睡眠はめっちゃとらないと一日中ぼーっとする
  • 朝起きれない
  • 朝起きれないので
  • 遅刻できないとなると
  • 出かけるのがギリギリで焦る
  • 急いででかけると忘れ物する
  • 忘れ物すると仕事にならない、または遅刻する
  • 仕事が遅くなる
  • ジムは惰性でもいきたい
  • 遊びに行かない日の夜ご飯くらいは自炊したい
  • 夜遅くなる
  • よるなかなか眠れない

正直詰んでるし、無理ないことis無理なのでは??って頭がスカスカになってきます。 普通に生きていくのってなんて困難な道程なのでしょう。 この世の中は超人しか住んでいないのではないかと途方に暮れるばかりです。

朝起きることができる人間たちの手で作り上げられてしまった世界をヤッていくしかないのか。 20年間くらい同じことを考え続けています。

気が向いたら続き書きます。

よくわかんないけどちょっとぐらい試してみるかと思ってbitcoin取引アカウント登録だけした

bitflyerが一番でかいらしいんで、とりあえずそれで。 ってかbitcoinでのfxとかもあるのか…。怖みが溢れてる。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

これアフィね↑

実際登録はしたのでなんかもらえるらしいからよろしく。

これもアフィ Zaif

なんかTシャツとか作ってみたりしたりしてたの

勢いで急に作ってみたくなったものとか作ってみることにしたので、気が向いたら応援よろしくお願いします。

NECOCHANって書いてあるTシャツ

necochan.thebase.in

適当にロゴっぽいものを作ってみたTシャツ

necochan.thebase.in

なんかオマージュ的なもの

https://necochan.thebase.in/items/9486474necochan.thebase.in

同じくオマージュ的なもの

https://necochan.thebase.in/items/9486519necochan.thebase.in

「差別に見えない行動」に「差別だという指摘は過剰」だと意見する行為は社会的損失では?

メモやで

フラットな意見あまり含まれてない新聞メディアか、ミックスされたメディアか、コメントプラットフォームか

を考えると、勝手に意見を比較してくれてそれなりに良い意見があるはてブが好きです。

共謀罪について、各メディアの賛否の立場がはっきりしていて楽しいですね。

メディアがどう扱うかメディアの意見はあっているのか

メディア毎に違うので新聞だけ読んでても重要度はよくわかんないことが多いです。 これらから参考記事でもついてりゃいいんですが、なかなかたどり着くのはだるい。

もともとどのメディアがどうのって偏りを見つけてなきゃいけないのでまたこれまたむずかしいとおもう。 この偏りってのは、誰もが知っていてどこかに明記されているものでもなく、口頭で伝承されている童話みたいなもの? なので知ってる人は知ってるけど知らない人は誰かに聞くまで知らない。

共謀罪についての否定的だと朝日

共謀罪についての否定的意見であるニュースについては、朝日→産経の順番で、毎日から産経は 2日(?)も遅れてる。

朝日: 2017年5月20日18:05 「共謀罪」法案、国連特別報告者が懸念 首相に書簡送る

産経: 2017年5月22日 11:52 国連特別報告者が日本に「共謀罪」懸念の書簡 菅義偉官房長官「明らかに不適切な内容で強く抗議」

共謀罪についての肯定的だと産経

共謀罪についての肯定的になるニュースについては、産経→朝日、産経から朝日は2日も遅れてる。

産経: 2017年5月27日 22:10 国連事務総長慰安婦の日韓合意に「賛意」「歓迎」 テロ等準備罪法案批判「国連の総意ではない」 安倍晋三首相との会談で

朝日:2017年5月28日 22:57 国連事務総長「総意でない」 「共謀罪」法案懸念の書簡

いろんなものが配信されてくるメディアだと、自分の好きなものばかりピックアップしちゃう

じゃあ両論併記で並んでくるだろう、いろいろ混ざってるメディアだとどうだろうってことで、こういうの見るようになるんだけど、

  • yahooニュースなどいろんなメディアの情報が混ざって配信されてるメディア
  • SmartNewsやグノシーなどキュレーション系のメディア

これら見てると、自分好みの意見が乗ってる記事ばかりピックアップして読んじゃう。 そんで自分好みの記事をシェアしたり、自分好みの意見ばかりに結構偏っちゃう。

実際この辺について、暴れてる人らがいて、

官房長官国連特別報告者を「個人」呼ばわり、「質問」に抗議 まさのあつこ | ジャーナリスト 5/22(月) 20:04 と、書いたところ、今回の会見のプレスリリースで、 「国連事務総長「総意でない」」と言われてるプゲラと笑れていたり、

この人なんかは国連の特別報告者と関わり合いがあるので、 そこらへんを調べなおしたりしていたり。 (でもなんかこの人偏ってる意見を言うのであんまり参考にしたくない人です。)

と諸々ありますが。

理念が固まっていて常に方向が似ている活動家的なジャーナリストの意見は 方向が合って入れば深い話として読み応えがあるのですが、 賛成意見も反対意見も俯瞰して読みたいと思うと、どこのメディアを読めばいいんだろう。 結局取捨選択しながら自分で読むしかないのか。 とダルくなります。

(そういう時になるべく色をつけて話さなくて、いろんな意見を出す人を何人かウォッチしておくと楽ちんですが)

ほんと意見ってのは、140文字なりなんなり短文で書かれてしまうと、その文章一つの中では筋が通っていて、それらしく正しいと思えるように構成されているので、僕はすぐフォ〜なるほど〜さんせ〜ってなるアホなので困ります。

そこで、ぼくは、はてブのコメント欄でバランスとってます。

ということで、意見プラットフォーム的なやつが最高なのだが

自分好みの記事を見てしまうのは、もちろん自分好みなので見ること自体は良いこと。 他の人の意見にさらされて両論併記されていく、意見の表明プラットフォームの存在はありがたいですね。 (ヤフーニュースのコメント欄はルサンチマンの塊以外何もいないので除く)

意見プラットフォーム的なものは、コメントも合わせて必ず読むことになるのだが、 そうすると、自分好みの記事に対しては、必ず反論がついてる。 むしろ反論こそがメインコンテンツかも知んないってくらい。

コメントを読むと、自分が読んだもの納得したもの+他の詳しい人からの補足+反論意見やダメ出し。 これらが一気に入ってくる。

そんでもって、記事や意見の裏の意図や、この記事に反論しようとしている人が感情的になってて反論してる集団の胡散臭さを感じとれたり 逆に反論している人たちがまともなことを知れたり。 自分の意見をもう一度揺さぶってもらえる。

最高じゃないっすか?

コメントへのたどり着きやすさ

まあ諸々、似たようなコメントプラットフォームはあるのだけれども、

NewsPickはなんか意識高すぎだし、コメンテーター(?)のファンが集ってる感じがある。 他のプラットフォームでも、記事を全文読むまでのステップが多かったり、全文読ませないように細工してあったり。 ハフポスとか、ブロゴスとかは、意見は下の方に集約されててアクセスしにくいところにあったり。

意外とコメントにたどり着くのだるいし、筆者のファンの巣窟になってたりする。 荒れてなくて、コメントこそメインコンテンツという媒体ははてなブックマーク以外に知らない。

一番恣意性が薄い感じなのがはてな。 だるくないのがはてな

これからもはてなブックマークを何卒よろしくお願いいたします。

なんだこのブログは。宣伝か。